ダイエットで絶対に抑えておきたいポイント~三大栄養素編~

三大栄養素 湘南藤沢パーソナルトレーナー濱野優大

三大栄養素とは?

三大栄養素とは、僕たち人間が生きていくための欠かせない栄養素のことです!
「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の三つを総称したものになります。

とりあえず、この3つがないと生命維持や身体活動に影響を及ぼします!
これくらい大切な栄養素なのです。

それぞれの大まかな役割を見てきましょう!

タンパク質

タンパク質は主に「身体の組織を構成する」という役割を担っています。

他にも、体を守るための抗体の材料やエネルギー源にもなります

タンパク質1gあたりのカロリーは4kcalです。

脂質

脂質は主に「エネルギー源やホルモンの材料となる」という役割を担っています。

エネルギー量が多いため、体は脂質をエネルギー源としてよく溜め込みます。

脂質は肥満の原因とよく言われますが、逆に不足すると身体の抵抗力が落ちたり疲れやすくなります。

脂質1gあたりのカロリーは9kcalです。

炭水化物

炭水化物は主に「エネルギー源となる」という役割を担っています。

この役割を担うのは炭水化物の中でも「糖質」のことです。

炭水化物はこの糖質と「食物繊維」で構成されています。

食物繊維はエネルギーになりにくいものの、「腸の環境を整える」といった役割があります。

炭水化物1gあたりのカロリーは4kcalです。

まとめ

三大栄養素の特徴は掴めたでしょうか?

数字ばかりで難しいと思います...
わからない方はLINEでご回答いたしますのでお友達追加よろしくお願いします!

次回はこの三大栄養素をどのくらい摂ればいいかといった話をしていきます!

僕のパーソナルジムもチェックお願いします!
⇩⇩
https://heart-body.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA